ヴァージニア・リー・バートンの『ちいさいおうち』
ー 時代を超えて生き続けるメッセージ ー

アトリエでのバートン
所蔵:ケープアン・ミュージアム

『ちいさいおうち』の作者ヴァージニア・リー・バートンの生涯と、彼女が残したさまざまな作品をご紹介します。

ヴァージニア・リー・バートンの絵本『ちいさいおうち』は、1942年にアメリカで出版、1954年に日本語版が発行されました。20世紀の都市化・工業化による時代の変遷を描き、自然や生命の大切さを伝えるこの作品は、今なお、世界中の多くの子どもたちに読み継がれています。

バートンは絵本作家としてだけでなく、テキスタイルやグラフィックの世界でも活躍しました。彼女が中心となって立ち上げた藝術集団「フォリーコーブ・デザイナーズ」の作品は、全米において一世を風靡し、大手デパートや展覧会で次々に称賛を浴びました。

本展では、精力的に才能を開花させたバートンの生涯を追い、彼女が大切にした素朴な郊外の自然や街を訪ね、その手仕事による作品の数々とともに、豊かな創造と発想の源泉に触れていきます。

ヴァージニア・リー・バートンの『ちいさいおうち』
ー 時代を超えて生き続けるメッセージ ー

会期

2017年6月1日(木)~8月9日(水)

会場

Gallery A⁴【ギャラリーエークワッド】(江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1階)

時間

10:00~18:00(最終日17:00まで)

休館日

日曜・祝日

入館料

無料

展示内容

・ヴァージニア・リー・バートンの生涯と絵本の紹介
・絵本原画、ダミーブック(試作絵本)、スケッチブック、エスキース、リノリウムの原版、テキスタイル
・ケープアンの街、バートンの暮らした家やアトリエを写真により紹介
・フォリーコーブ・デザイナーズの手仕事の紹介
・アリスティデス・デメトリアス氏(彫刻家/バートンの長男)のインタビュー映像 ほか

■関連イベント

シンポジウム「バートンの残したもの」

日時

2017年6月15日(木)18:30~20:00(18:00より受付開始)

会場

竹中工務店東京本店2階 Aホール(江東区新砂1-1-1)

講師

アリスティデス・デメトリアス(彫刻家/バートンの長男)
松岡享子(翻訳家/児童文学研究者/東京子ども図書館名誉理事長)
宮城正枝(元倉敷市立短期大学非常勤講師/ヴァージニア・リー・バートン研究家)

定員

100名 ※要事前申込(先着順)

参加費

無料

申込

下記公式サイトよりお申込ください。

シンポジウム「『せいめいのれきし』と恐竜のおはなし」

日時

2017年6月29日(木)18:30~20:00(18:00より受付開始)

会場

竹中工務店東京本店2階Aホール(江東区新砂1-1-1)

講師

福岡伸一(生物学者/青山学院大学教授)
真鍋真(国立科学博物館 標本資料センター・センター長)

定員

100名 ※要事前申込(先着順)

参加費

無料

申込

下記公式サイトよりお申込ください。

『ちいさいおうち』のダミーブック(試作絵本)
所蔵:ケープアン・ミュージアム

テキスタイル『Gossips』
所蔵:ケープアン・ミュージアム

開催期間 2017年6月1日(木)~8月9日(水)
開催時間 10:00~18:00(最終日17:00まで)
開催場所 Gallery A⁴【ギャラリーエークワッド】
(江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1階)
アクセス 東京メトロ東西線「東陽町駅」3番出口徒歩3分
料金 入場無料
お問い合わせ先 ギャラリーエークワッド
電話:03-6660-6011
関連URL http://www.a-quad.jp/(Gallery A⁴公式ウェブサイト)
備考 【休館日】日曜、祝日
地図