【終了】勝矢祭

スポーツ振興の神様で親しまれている香取神社では、子どもの日に恒例、勝矢祭が行われます。

勝矢祭の起源は平安時代にさかのぼります。
940年、平将門の乱(天慶の乱)が起こりました。将門討伐に出陣した藤原秀郷(俵藤太秀郷)が追討祈願をしたのが香取神社、乱平定後に秀郷 が「勝矢」と名付けた矢を奉納したことが始まりと言われています。
勝利を願う、「スポーツ振興の神」としてあがめられている所以です。

鎧兜の装束や陣羽織、裃(かみしも)などを身にまとった氏子たち、地元小学生の鼓笛隊などが参加する武者行列が、香取神社の兼務社である亀出神社(大島3丁目)で「エイ、エイ、オー」の勝鬨を挙げて出発し、亀戸駅前十三間通りなど香取神社までの約2㎞を途中演武を交えながら練り歩きます。香取神社に到着すると、本殿で勝矢の奉納の儀式が厳かに行われます。毎年沿道などの人出は約10万人にも達します。

勝矢祭

日時:2018年5月5日(土・祝)
・13:00~ 武者行列(パレード) 亀出神社⇒香取神社
・15:00~ 勝矢祭(奉納の儀式)


開催期間 2018年5月5日(土・祝)
開催時間 13:00~ 武者行列(パレード) 亀出神社⇒香取神社
15:00~ 勝矢祭(奉納の儀式)
開催場所 香取神社(江東区亀戸3-57-22)
アクセス JR総武線・東武亀戸線「亀戸駅」北口徒歩10分
お問い合わせ先 香取神社
03-3684-2813
関連URL http://katorijinja.jp/(亀戸香取神社のウェブサイト)
地図