【終了】「表具経師」岩崎晃展

表具とは、紙や布などを糊で貼りつけることによって仕立てられた掛軸や襖・屏風などをさします。
古来から日本家屋の暮らしに欠かせないものでした。
江東区登録無形文化財保持者の岩崎晃氏の技術と作品を公開、その技から生み出される表具のさまざまな魅力をご覧いただけます。

岩崎 晃氏 略歴

昭和31 年東京都深川木場に生まれる。駒場東邦高校、上智大学卒業。
屏風、掛軸、額の表装をはじめ、文化財の修復なども手がける。
 一級技能士
 江東区優秀技能者
 平成17 年技能グランプリ表具部門優勝
 江東区無形文化財
 東京都伝統工芸士

「ワークショップ開催」(要事前申込)

 襖絵師の島田由子さんを講師にお招きし、和紙に墨と金箔で模様を描き、表装して作品に仕上げます。
 日 時:6 月30 日(土) 13:00~
 ・裏打ち:3,000 円
 ・アートパネル:4,000 円
 ・ミニ屏風:5,000 円
 ワークショップ申込:松清堂 岩崎3641-9539

開催期間 2018年6月28日(木)~7月1日(日)
開催時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
開催場所 深川江戸資料館(江東区白河1-3-28)
アクセス 都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」A3出口徒歩3分
主催者 松清堂 岩崎晃
料金 常設展示室観覧料(大人400円、小中学生50円)に含まれます。
※小中学生は保護者同伴
お問い合わせ先 深川江戸資料館 03-3630-8625
関連URL https://www.kcf.or.jp/fukagawa/(深川江戸資料館のホームページ)
地図