特集

これまでの特集

四季を楽しむ花めくり

江東区には有名どころから隠れた名所まで、たくさんのお花見スポットがあります。春の梅や桜に始まり、初夏の花ショウブ、秋のハギ、冬のサザンカなど、四季折々の花が咲き誇ります。それぞれの名所でぜひ、季節の色や香りをお楽しみください。
※開花時期は年によって前後することがあります。

亀戸天神社

亀戸天神社

1.梅

亀戸天神社には菅原道真公が好んだとされる梅の花が300本以上植えられており、紅白の見事な梅を観賞することができます。見ごろは2月中旬から3月上旬で、この時期に「梅まつり」が行われ、多くの参拝客でにぎわいます。

  • ・亀戸天神社

    住所:
    江東区亀戸3-6-1
    TEL:
    03-3681-0010
    URL:
    http://www.kameidotenjin.or.jp/
    アクセス:
    JR総武線・東武亀戸線「亀戸駅」北口徒歩15分
大横川「水辺の散歩道」(茂森橋~沢海橋)

大横川「水辺の散歩道」
(茂森橋~沢海橋)

2.カワヅザクラ

都立木場公園東側を流れる大横川沿いには、ソメイヨシノよりも早咲きのカワヅザクラが植えられています。見ごろは2月下旬から3月上旬で、木によって開花時期に差があるため、花の咲き始めから満開まで約1か月間、ピンク色の花を楽しめます。

  • ・大横川「水辺の散歩道」(茂森橋~沢海橋)

    住所:
    江東区木場4・5
    アクセス:
    東京メトロ東西線「木場駅」1番出口徒歩5分
汐浜運河「潮風の散歩道」

汐浜運河「潮風の散歩道」

3.ハクモクレン

江東区内を東西に流れる汐浜運河沿いの「潮風の散歩道」に約150本のハクモクレンが白い花を咲かせます。1か所にまとめて植えられているハクモクレンは都内でも珍しく、白く清楚な花を眺めながら散歩やジョギングを楽しむ人の姿も見られます。3月中旬から下旬が見ごろです。

  • ・汐浜運河「潮風の散歩道」

    住所:
    江東区東陽1~新砂1
    アクセス:
    東京メトロ東西線「東陽町駅」2番出口徒歩5分
大横川護岸(牡丹町)

大横川護岸(牡丹町)

4.ソメイヨシノ

例年3月から4月に黒船橋(門前仲町)周辺で開催される「お江戸深川さくらまつり」では、大横川の水面に垂れ下がるように伸びた桜を船上から楽しめる乗船体験や夜桜のライトアップなど、深川の桜が楽しめます。 また、仙台堀川公園では仙台堀川沿いに桜並木が続き、水辺に注ぐように咲く可憐な桜の姿を楽しめます。

  • ・大横川

    住所:
    江東区永代2~住吉1
    「お江戸深川さくらまつり」
    主な開催場所:
    黒船橋~東富橋間、黒船橋乗船場付近(門前仲町1-1地先)
    アクセス:
    (黒船橋)都営大江戸線・東京メトロ東西線「門前仲町駅」4番出口徒歩1分
  • ・仙台堀川公園

    住所:
    江東区北砂6~東陽6
    アクセス:
    都営新宿線「大島駅」A5出口徒歩10分、東京メトロ東西線「東陽町駅」1番出口徒歩10分、「南砂町駅」2b出口徒歩10分
  • ・その他名所

    「江東区 桜の名所と散策マップ」(こうとうトコトコ日和2015春号より)をご覧ください。
    ダウンロード「江東区 桜の名所と散策マップ」(PDF 427KB)

古石場川親水公園内「牡丹園」

古石場川親水公園内「牡丹園」

5.ボタン

門前仲町の南を流れる大横川のほとりでは、昔ボタンが多く栽培されていたことから、この地に「牡丹町」という地名がついたと言われており、それに由来して古石場川親水公園内の牡丹園には赤紫、白、ピンクのボタンが約50種、約350株植えられています。4月下旬から5月中旬まで楽しむことができます。

  • ・古石場川親水公園「牡丹園」

    住所:
    江東区牡丹1-9先
    アクセス:
    都営大江戸線・東京メトロ東西線「門前仲町駅」4番出口徒歩5分、JR京葉線「越中島駅」1番出口 徒歩10分
亀戸天神社

亀戸天神社

6.藤

亀戸天神社では、4月下旬から5月上旬には約100株の藤が開花し、「藤まつり」が行われます。夜間はライトアップされ、昼間とは違う幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

  • ・亀戸天神社

    住所:
    江東区亀戸3-6-1
    TEL:
    03-3681-0010
    URL:
    http://www.kameidotenjin.or.jp/
    アクセス:
    JR総武線・東武亀戸線「亀戸駅」北口徒歩15分

初夏

豊住公園東側「コミュニティガーデン」

豊住公園東側「コミュニティガーデン」

1.バラ

豊住公園では、5月中旬から6月中旬にかけて、約30種、約200株のバラが咲き誇ります。赤、ピンク、白、 オレンジなどの華やかな色合いだけでなく、優雅な香りもお楽しみいただけます。このバラは区民ボランティア「豊住ローズパティオ」のメンバーが手入れをし、育てています。

  • ・豊住公園東側「コミュニティガーデン」

    住所:
    江東区東陽6-1
    アクセス:
    東京メトロ東西線「木場駅」1番出口徒歩8分
横十間川親水公園「花菖蒲園」

横十間川親水公園「花菖蒲園」

2.ショウブ

横十間川親水公園内にある「花菖蒲園」では、6月上旬から中旬にかけて花ショウブが紫、水色、白、ピンクなどの色鮮やかな花を咲かせます。約90種、1,000株の花ショウブが植えられており、梅雨時ならではのしっとりとした風情を楽しむことができます。

また、下町の名園・清澄庭園では、6月上旬から中旬にかけて約350株の花ショウブが見ごろを迎えます。水辺に咲く涼しげな花は清涼を感じさせてくれます。清澄庭園はほかに、秋にはハギ、サザンカ、ヒガンバナ、ツワブキ、冬は椿、梅、水仙、福寿草などを観賞することができます。

  • ・横十間川親水公園「花菖蒲園」

    住所:
    江東区東陽7-3
    アクセス:
    東京メトロ東西線「東陽町駅」4番出口徒歩7分
  • ・清澄庭園

    住所:
    江東区清澄3-3-9
    TEL:
    03-3641-5892
    URL:
    http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html
    アクセス:
    都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」A3出口徒歩3分
旧中川水辺公園 「アジサイ遊歩道」

旧中川水辺公園 「アジサイ遊歩道」

3.アジサイ

古石場川親水公園関口橋のすぐ下の花壇にはアジサイが約150株植えられています。赤紫やピンクのセイヨウアジサイ、青や薄紫のガクアジサイが6月上旬から中旬の梅雨の時期に色とりどりの美しい花を咲かせます。

また、旧中川水辺公園では、例年アジサイの開花に合わせて「旧中川アジサイ祭り」が開催されます。「アジサイ遊歩道」で色とりどりの美しい花を愛でるもよし、船遊びやカフェで楽しむもよし。水辺のアジサイを楽しみながら、涼をとってはいかがでしょうか。

  • ・古石場川親水公園

    住所:
    江東区牡丹1
    アクセス:
    都営大江戸線・東京メトロ東西線「門前仲町駅」2番出口徒歩5分
  • ・旧中川水辺公園 「アジサイ遊歩道」

    住所:
    江東区亀戸9
    アクセス:
    東武亀戸線「亀戸水神駅」徒歩5分/JR総武線・東武亀戸線「亀戸駅」東口(JR総武線専用出口)徒歩15分

秋~冬

1.ハギ

龍眼寺は江戸時代からハギの名所として知られ、萩寺とも呼ばれています。ハギの見ごろは9月から10月上旬で、全国各地から集められた数百種類ものハギが、赤紫や白色の小さな花を咲かせます。境内には、松尾芭蕉や石田波郷、落合直文などが残した句や碑があり、秋の風情を感じることができます。

  • ・龍眼寺

    住所:
    江東区亀戸3-34-2
    アクセス:
    JR総武線・東武亀戸線「亀戸駅」北口徒歩20分/京成線「押上駅」B1出口徒歩10分
亀戸中央公園

亀戸中央公園

2.サザンカ

亀戸中央公園は江東区の花であるサザンカの名所で、約50品種、約4,000本が植えられています。園内には 「サザンカ案内図」があり、各品種の見ごろなどが紹介されています。12月から2月にかけて、白やピンク、赤紫、紅などの色鮮やかなサザンカを楽しむことができます。そのほかにも、4月には桜、10月から11月にかけては皇帝ダリアも楽しめます。

  • ・亀戸中央公園

    住所:
    江東区亀戸8・9
    アクセス:
    東武亀戸線「亀戸水神駅」徒歩2分

ページトップへ