江東水辺六景

江東水辺六景

江東区には大小合わせて19もの河川や運河があります。その中でほかの地域ではなかなか見ることができない、特別なスポットをご紹介します。水彩都市・江東区ならではの景色を楽しんでください。 

観光テーマ・スポット一覧

1. 小名木川クローバー橋(おなぎがわくろーばーきょう)

小名木川クローバー橋

小名木川クローバー橋は、猿江・大島・北砂・扇橋の4地区を小名木川と横十間川の合流点で結び、地域社会に快適な生活と、人と文化の交流を提供できるランドマークとしての意義が深い橋として計画されました。完成は平成6年(1994)12月で歩行者と自転車専用橋です。橋の真ん中に四つ葉のクローバーが描かれていて、ロケ地としてもしばしば利用されています。

詳細を見る

2. 旧中川・川の駅(きゅうなかがわ・かわのえき)

旧中川・川の駅

川の駅は、旧中川と小名木川との合流地点に、新たな水辺のにぎわい拠点として平成25年(2013)3月に開設されました。都内初となる水陸両用バスが川に進水するためのスロープが整備されており、勢いよく川に飛び込む水陸両用バスの姿を間近で見ることができるほか、手漕ぎ船乗船場、誰でも立ち寄れるにぎわい施設があります。

詳細を見る

3. 荒川ロックゲート(あらかわろっくげーと)

荒川ロックゲート

ロックゲート(=閘門)とは、水位の異なる二つの河川を行き来するための施設で、「エレベーター」のような役目を果たします。荒川と旧中川の水位差は最大3m以上にもなりますが、荒川ロックゲートが完成したことにより、荒川と隅田川に挟まれた“江東デルタ地帯”への水上交通が両方向から確保できるようになりました。これにより災害時における救援物資や復旧資材等の運搬、被災者の救出など災害復旧活動の支援が可能となりました。

詳細を見る

4. 扇橋閘門(おうぎばしこうもん)

扇橋閘門

扇橋閘門は、江東三角地帯を東西に流れる小名木川(おなぎがわ)のほぼ中央に位置しています。水位が異なる河川を通航可能にした『ミニパナマ運河』と言える施設で、2つの水門(前扉及び後扉)に挟まれた閘室(こうしつ)と呼ばれる水路の水位を人工的に変動させることにより、船の通航を可能にしています。 

詳細を見る

5. 新砂水門(しんすなすいもん)

新砂水門

荒川河口部に接続する砂町運河の出入口に昭和51年(1976)に設置された、幅員23.4mの水門です。セクターゲートという形式で作られており、2枚の扇型門扉が付け根を支点にスイングします。

詳細を見る

6. 豊洲運河水上派出所(とよすうんがすいじょうはしゅつじょ)

豊洲運河水上派出所

水上派出所のあるこのスポットは、豊洲運河、辰巳運河、東雲運河、東雲北運河、東雲東運河の5つもの運河が交わる、大変珍しいスポットです。

詳細を見る