水辺の公園

水辺の公園

水辺空間を活かした公園が多いのも江東区の特徴です。季節ごとに移ろいゆく花の香りや水辺の景色を楽しむことができます。ご家族で季節を感じるのんびり散歩、夜景を楽しむデートなど、さまざまな楽しみ方を満喫してください。

観光テーマ・スポット一覧

1. シンボルプロムナード公園(しんぼるぷろむなーどこうえん)

シンボルプロムナード公園

シンボルプロムナード公園は面積約26.4ヘクタール、幅員約80m、総延長約4kmと広大な緑の軸として臨海副都心内のさまざまな施設をつないでおり、レインボーブリッジや東京タワー、自由の女神像を眺めることができます。春には400種10万球(首都圏最大級)のチューリップ、夏花壇の拠点としてのおもてなし花壇、秋の紅葉など四季を通じて花木が楽しめる、臨海副都心の癒しの場となっています。

詳細を見る

2. 芭蕉庵史跡展望庭園(ばしょうあんしせきてんぼうていえん)

芭蕉庵史跡展望庭園

隅田川の遊歩道沿いに芭蕉記念館の分館である芭蕉庵史跡展望庭園があります。展望庭園は隅田川と小名木川に隣接し、四季折々の水辺の風景が楽しめます。 庭内には、17時に回転する芭蕉翁像や芭蕉庵のレリーフがあり、往時を偲ぶこともできます。また、22時までライトアップされていて、隅田川の遊歩道から見ることができます。※庭園が開園している時間は9時15分~16時30分のため、像が回転しているところは間近でご覧頂くことができません。

詳細を見る

3. 横十間川親水公園(よこじっけんがわしんすいこうえん)

横十間川親水公園

横十間川親水公園は、小名木川から平住橋へ続く長さ1,900mの公園です。横十間川は、万治2年(1659)に開削された川幅約十間(約18m)の川で、江戸城から見て横に流れていたことからこの名がつけられました。江戸和船の乗船体験ができるほか、ボート乗場や水上アスレチック、花ショウブの池などがあり四季折々の自然が楽しめます。

詳細を見る

4. 清澄庭園(きよすみていえん)

清澄庭園

下町の名園、都立清澄庭園が、昭和54年(1979)3月に指定された都の名勝第1号であることはあまり知られていません。清澄庭園は、広大な池を囲んで、大小島々の配置の景観が美しく、都内随一といわれる名石奇岩に恵まれた、四季を通じて眺望の良い庭園です。とくに新緑の頃と雪景色は素晴らしいものです。

詳細を見る

5. 越中島公園(えっちゅうじまこうえん)

越中島公園

公園内は良く整備されていて、各所にベンチが多数あります。散歩にも夜景を眺めるにも絶好のスポットです。主に永代橋、中央大橋、大川端リバーシティ21などの夜景のほか、行き交う屋形船も見ることができます。素晴らしい景色を眺めながらのんびりした時間を楽しめます。

詳細を見る

6. 古石場川親水公園(ふるいしばがわしんすいこうえん)

古石場川親水公園

「水辺の香り」をテーマに整備された東西に細長い公園で、海水の流れる水路には、時にアサリの発生が見られます。子どもの水遊び用に水深10cmほどのジャブジャブ池もあります。ほかにも、隣接する牡丹町の名にちなむ牡丹園や、東のはずれにある洋風のバラ園、梅雨に咲き誇るアジサイなど、季節の花が楽しめます。

詳細を見る