あの作品の撮影も?!ロケ地めぐり

あの作品の撮影も?!ロケ地めぐり

江東区にはロケ地として利用されているスポットが数多くあります。歴史と伝統を感じることができる建物、近代的で個性が光る施設、『水彩都市』らしい豊かな水辺の景観など、さまざまな目的で撮影が行われています。気になる作品のロケ地を見つけて撮影めぐりをしてみてはいかがでしょうか。

観光テーマ・スポット一覧

1. 東京都現代美術館(とうきょうとげんだいびじゅつかん)

東京都現代美術館

柳澤孝彦(TAK)の設計が特徴的な建物です。広いエントランスには特徴的な三角形の柱と複数の丸い穴の開いた壁があり、そこから差し込む光が床に美しい模様をつくります。水辺では風に揺れる水面が天井に映り、その独特な雰囲気が作品に陰影を与えています。

詳細を見る

2. テレコムセンタービル(てれこむせんたーびる)

テレコムセンタービル

「ラストクリスマス」、「東京タワー」、「リッチマン、プアウーマン」、「相棒」、「仮面ライダー ディケイド」、「美女か野獣」など、数多くの作品の撮影スポットに選ばれています。 天井が高く、開放的かつ近代的な建物のため、空港やホテル、オフィス等のロビーに見立てたシーンの撮影が多く行われています。特にアトリウムは5階まで吹き抜けになっており、上層階からスケールの大きい映像の撮影が行われています。5階は空港ロビーとして設定され、 ドラマの主人公達の再会、別れ、見送りなどのシーンの撮影に数多く利用されています。

詳細を見る

3. 東京夢の島マリーナ(とうきょうゆめのしままりーな)

東京夢の島マリーナ

大きな駐車場、会議室、桟橋、緑地公園、レストランなど、多彩なカットを撮影することができるため、「やまとなでしこ」、「秘密」、「ワイルド7」、「パーフェクト・ブルー」、「サマーレスキュー」などさまざまな作品の撮影スポットに選ばれています。「ぐるぐるナインティナイン」や「内村さまぁーず」といったバラエティ番組でも、施設をメインとした企画が撮影されました。 クルーザーやヨットが約660隻停泊する東京湾最大級の大型マリーナでは、船を使用した撮影が行われ、直線距離100m以上のプロムナードやヨットハーバーを一望できるレストランとテラスでは、おしゃれなパーティの様子などが撮影されています。

詳細を見る

4. 東京海洋大学越中島キャンパス(とうきょうかいようだいがくえっちゅうじまきゃんぱす)

東京海洋大学越中島キャンパス

昭和7年(1932)に建てられた1号館(登録有形文化財)など、歴史ある重厚な校舎が特徴で、キャンパス内や屋上、校舎を背にした位置などで撮影が行われています。これまで、「野ブタ。をプロデュース」、「ハチミツとクローバー」、「ドクターX」、「とんび」などの撮影が行われました。

詳細を見る

5. 深川東京モダン館(ふかがわとうきょうもだんかん)

深川東京モダン館

昭和7年(1932)に東京市営の食堂として建築された「東京市深川食堂」をリノベーションした建物です。震災復興建築物であり、なおかつ公設の食堂として現存している点などから、平成20年(2008)に国登録有形文化財として指定されました。現在は江東区の近現代史や食文化に関連した展示や事業を行っており、区の観光と文化の発信拠点となっています。施設内の喫茶「にちよう」(営業は不定期)では食事やスイーツを提供しています。

詳細を見る