いま話題の新名所

いま話題の新名所

下町風情溢れる伝統的スポットから、日本中でも話題になっている最新の観光スポットまで、今、江東区内で話題となっているおすすめ7スポットをご紹介。
また、子供から大人まで楽しめる施設満載で、休日のおでかけには最適なスポットです。
伝統から未来まで幅広くお楽しみいただけるのが、江東区の最大の魅力です。

観光テーマ・スポット一覧

1. 深川不動堂(ふかがわふどうどう)

深川不動堂

深川不動堂は、千葉県成田市にある成田山新勝寺の東京別院です。元禄16年(1703)以降、永代寺境内の富岡八幡宮で度々行われた出開帳を起源とします。現在の本堂(新本堂)は平成23年9月に落慶したもので、建物を包む不動明王のご真言(真言梵字壁)がとても印象的です。毎日定時に行われる護摩祈祷は迫力満点で必見です。

詳細を見る

2. 亀戸梅屋敷(かめいどうめやしき)

亀戸梅屋敷

亀戸の地元住民、観光客向けの新たな交流拠点として平成25年(2013)3月に開館した「亀戸梅屋敷」。これは、江戸時代、亀戸に建っていた「梅屋敷」と呼ばれる別荘をモチーフに建設され、買う、食べる、楽しむ、休むといった亀戸の地域交流の拠点として、地元住民や観光客の憩いの場、交流の場となっています。

詳細を見る

3. 旧中川・川の駅(きゅうなかがわ・かわのえき)

旧中川・川の駅

川の駅は、旧中川と小名木川との合流地点に、新たな水辺のにぎわい拠点として平成25年(2013)3月に開設されました。都内初となる水陸両用バスが川に進水するためのスロープが整備されており、勢いよく川に飛び込む水陸両用バスの姿を間近で見ることができるほか、手漕ぎ船乗船場、誰でも立ち寄れるにぎわい施設があります。

詳細を見る

4. 東京ゲートブリッジ(とうきょうげーとぶりっじ)

東京ゲートブリッジ

平成24年(2012)2月に開通した江東区若洲と中央防波堤外側埋立地を結ぶ橋梁です。シルエットが向かい合う恐竜のようであることから別名「恐竜橋」とも呼ばれており、江東区の新名所として人気を集めています。日本の四季を表現した、美しい色彩のライトアップが鑑賞できます。

詳細を見る

5. WILDMAGIC(わいるどまじっく)

WILDMAGIC

WILDMAGICアーバンアウトドアパークは、新豊洲駅前の約1.6ヘクタールに及ぶ敷地にヴィンテージデザインと様々なコンテンツで構成された都市型エディケーションパークです。スカイツリーや東京タワーを目前にする広々とした約100㎡の区画で、家族や気の合う仲間でじっくり楽しむことができます。手ぶらでバーベキューができるのも魅力です。

詳細を見る

6. 東京臨海広域防災公園・そなエリア東京(とうきょうりんかいこういきぼうさいこうえん・そなえりあとうきょう)

東京臨海広域防災公園・そなエリア東京

東京臨海広域防災公園は、首都圏で大規模な地震災害等が発生したとき、国や地方自治体等の緊急災害現地対策本部が設置され、公園全体が広域的な指令機能を受け持つ場所となります。平常時には、防災訓練や様々なイベントが実施され、防災を身近に感じながら楽しく学ぶことができる施設です。

詳細を見る

7. ダイバーシティ東京 プラザ(だいばーしてぃとうきょう ぷらざ)

ダイバーシティ東京 プラザ

アミューズメント施設が充実し、ファッション・グルメ&フードなど、あらゆるエンタテイメントが融合する TOKYO TREND REVUEです。

詳細を見る