伊能忠敬宅跡 (注:史跡) いのうただたかたくあと

伊能忠敬宅跡 (注:史跡)

伊能忠敬が測量の原点とした地

日本で初めて科学的測量による日本地図を作成した伊能忠敬は、寛政7年(1795)から文化11年(1814)まで当地に居を構え、ここを測量の原点としました。測量の際には富岡八幡宮にお参りをして旅立ちました。このことにちなみ、平成13年(2001)に富岡八幡宮境内に伊能忠敬像が建立されました。

住所 江東区門前仲町1-18-2地先
TEL
アクセス 都営大江戸線・東京メトロ東西線「門前仲町駅」3番出口徒歩3分

このスポットが含まれる観光テーマ