間宮林蔵墓 まみやりんぞうはか

間宮林蔵墓

海峡に自らの名前を残す探検家・間宮林蔵が眠る墓

間宮林蔵は、伊能忠敬から測量術を学びました。文化5年(1808)から翌年にかけ、樺太(サハリン)全土を探検し、樺太が離島であることを明らかにしました。後にこの海峡は、間宮海峡(タタール海峡)と名付けられました。晩年は、深川蛤町に住み、天保15年(1844)2月に65歳(70歳という説もある)で没し、本立院に葬られました。

住所 江東区平野2-7-8(本立院墓地)
TEL
アクセス 都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」A3出口徒歩8分

このスポットが含まれる観光テーマ