佐久間象山砲術塾跡 (注:史跡) さくましょうざんほうじゅつじゅくあと

佐久間象山砲術塾跡 (注:史跡)

歴史を作った偉人達が入門した砲術塾の跡

この地は、佐久間象山が西洋砲術塾を開いた信州松代藩下屋敷があった場所です。象山は松代藩士で、幕末の兵学者・思想家として著名です。嘉永3年(1850)7月から12月までこの地で砲術を教え、のちに江戸木挽町に兵法や砲術を教える私塾を開いています。象山は、吉田松陰や坂本龍馬、勝海舟など、多くの有能な門下生を教授しました。

住所 江東区永代1-14付近
TEL
アクセス 都営大江戸線・東京メトロ東西線「門前仲町駅」3番出口徒歩5分

このスポットが含まれる観光テーマ