芭蕉記念館 ばしょうきねんかん

芭蕉記念館

都内唯一の「21世紀・芭蕉のみち」認定地

新大橋と清洲橋が望める隅田川のほとり、俳聖・松尾芭蕉が庵を結んだゆかりの地にこの記念館はあります。芭蕉は、この庵を拠点として、多くの名句や『おくのほそ道』などの紀行文を残しました。また、芭蕉記念館は、平成14年(2002)5月に日本旅のペンクラブが行う「21世紀・芭蕉のみち」認定地として、都内で唯一認定されました。記念館近くの歩道には「旧新大橋跡」の碑が建っています。元禄6年(1693)に最初に架けられた新大橋。ちょうどその頃近くの深川芭蕉庵に住んでいた芭蕉は、新大橋の工事中に「初雪や かけかかりたる 橋の上」の句を、また橋の完成を見て「ありがたや いただいて踏む 橋の霜」の句を詠みました。

住所 江東区常盤1-6-3
TEL 03-3631-1448
アクセス 都営大江戸線・都営新宿線「森下駅」A1出口徒歩7分
URL https://www.kcf.or.jp/basho/

このスポットが含まれる観光テーマ