【終了】STAND UP SUMMIT 2018

未来は自分たちで創っていく
復興支援・防災教育にご興味のある方の来場をお待ちしております!

今年で5回目を迎える「STAND UP SUMMIT」は、東北・東京・海外の中高生・大学生が東京ビッグサイトに集結し、「未来は、自分たちで創っていく!」という想いのもと、復興のあり方や今後の課題について考える参加型の復興支援イベントです。

東日本大震災から7年が経過した今、学生たちが各分野のプロフェッショナルから復興への取り組みを学び、震災の風化防止や、これからの復興支援について「自分たちにできること」を考え、発信します。

また、前日には「夏祭り=生きる力」をテーマに、「STAND UP FESTIVAL」を開催。サミット参加の東北学生による郷土芸能(鹿踊・鬼剣舞)や東京学生による歌やダンスのパフォーマンス、プロジェクションマッピング、ミュージック花火が有明の夜を盛り上げます。

STAND UP SUMMIT 2018 ~未来は自分たちで創っていく~

日時

2018年8月7日(火)10:00~18:00

会場

東京ビッグサイト会議棟

観覧申込

公式ウェブサイトの申込フォームからお申し込みください。
https://www2.bigsight.jp/SUS2018/Registration/registrationform

一般公開プログラム

復興セッション【10:00~15:45(ポスター発表14:30~15:45)】
350名の参加学生が15のセッションに分かれ、協力企業・自治体の復興への取り組みを学び、これから先、自分たちだからこそできることを考えます。
参加学生は学んだ内容を基に、現状の課題や解決策をまとめたポスターを作成、ステージにて発表を行い、ほかの参加者と共有することで復興の未来についてさまざまな切り口から考察します。
復興ディスカッションsupported by TOKYO FM [LOVE&HOPE]【16:15~18:00】
ラグビーW杯や東京オリンピック・パラリンピックをきっかけに、被災地への来訪者の増加が期待される中、復興を推し進め、より魅力的な観光地となるためには何をすればよいのか。”ハード”と”ソフト”両面からのバリアフリーやアクセシビリティについての考察を交えながら、参加学生の代表者とスペシャルゲスト・グリズデイル・バリージョシュア氏と三浦浩氏が、それぞれの地域・立場から議論します。

前日併催イベント
STAND UP FESTIVAL

日時

2018年8月6日(月)18:00~20:00

会場

東京ビッグサイト会議棟前広場

プログラム

ダンス、合唱、東北の郷土芸能が会場を盛り上げる!【18:00~19:20】
■都立東高等学校(創作ダンス)
■調布市立第五中学校(合唱)
■岩手県立岩谷堂高等学校(鹿踊)
■岩手県立北上翔南高等学校(鬼剣舞)
プロジェクションマッピング・ミュージック花火【19:30~20:00】
東北の郷土芸能を題材にしたプロジェクションマッピングの上映、そして約700発の花火が音楽と融合したミュージック花火が打ち上げられます。光と音のコラボレーションが有明の夜空を彩ります。
※荒天時順延:8月7日(火)19:30~20:00
東北グルメエリア 地産品物販コーナー
牛タン丼やなみえやきそば、せんべい汁などのおいしい東北グルメのほか、かき氷やビール、東北3県(福島・宮城・岩手)自慢の地産品をご用意しています。

※プログラム・スケジュールは変更になる場合があります。
開催期間 2018年8月7日(火)※STAND UP FESTIVALは8月6日(月)
開催時間 10:00~18:00
開催場所 東京ビッグサイト会議棟(江東区有明3-11-1)
アクセス ゆりかもめ「国際展示場正門駅」南口徒歩3分/りんかい線「国際展示場駅」徒歩7分
料金 入場無料
※STAND UP SUMMITの観覧は、事前申込が必要です。
お問い合わせ先 STAND UP SUMMIT事務局
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)
関連URL http://bigsightmg.jp/sus2018/(STAND UP SUMMIT 2018公式ウェブサイト)
地図