【終了】東京都現代美術館 企画展・MOTコレクション(常設展)【2016春】

ボブ・ポーリー|ウッディとバズ|©Disney/Pixar

長期休館前、最後の展覧会。

東京都現代美術館では、3月5日(土)から5月29日(日)まで、下記の企画展・MOTコレクション展(常設展)を開催いたします。会期終了後、大規模改修工事のため長期休館となります。この機会にぜひ、おでかけください。

スタジオ設立30周年記念 ピクサー展

「トイ・ストーリー」や「ファインディング・ニモ」、「インサイド・ヘッド」そして最新作「アーロと少年」など、数々の人気作品を世界に送り出すピクサー・アニメーション・スタジオ。1986年、アメリカのカリフォルニアで、ジョン・ラセター、エド・キャットマル、スティーブ・ジョブズらが共に集い、ピクサーは設立されました。2016年はスタジオ設立30周年の年にあたります。
ピクサー作品は世界中で上映され、多くのファンに愛され続けていますが、それはコンピュータ・アニメーションという優れた技術だけによるものではなく、独創的なストーリーや魅力的なキャラクターの存在があるからです。ピクサーには多くのアーティストやデザイナーたちが在籍しており、彼らはストーリーや映画のビジュアルなどを考える企画の構想段階で、手描きのドローイングや、パステル画、彫刻などを数々生み出しています。
本展では、そうした創作活動にスポットライトをあて、ピクサーに所属するアーティストたちが創り出したドローイング、カラースクリプト、マケット(キャラクター模型)など多種多様なアートワークの数々をご紹介します。
2005年にニューヨーク近代美術館でスタートし、世界各国で好評を博した世界巡回展が、2016年、スタジオ設立30周年を記念した新たな作品群を加え、日本に上陸します。
〇会期:3月5日(土)~5月29日(日)
〇会場:企画展示室 1F/3F

MOTアニュアル2016 キセイノセイキ

「MOTアニュアル」は、日本の若手作家による新しい現代美術の動向を紹介するために、東京都現代美術館が1999年より継続的に開催しているグループ展のシリーズです。第14回目となる本展では、芸術表現の環境の向上を目指して実験的な取り組みを展開するアーティストたちの組織「ARTISTS’GUILD(アーティスツ・ギルド)」との協働企画により、今までとは一味違う「MOTアニュアル」をお見せします。
今の社会を見渡すと、インターネットを通して誰もが自由に声を発することができる一方で、大勢の価値観の異なる意見に対しては不寛容さが増しているように思われます。表現の現場においても、このひずみが生み出す摩擦はしばしば見受けられます。そうした中で、既存の価値観や社会規範を揺るがし問題提起を試みるアーティストの表現行為は今、社会や人々に対してどのような力を持ちえるでしょうか。
今回、ARTISTS’GUILDとともに展覧会のテーマ設定から構造まで議論して進めてきました。本展では、国内外の作家による展示やライヴ・パフォーマンス、トーク・イヴェント、出版物を通して、この時代の表現と社会のありように対してさまざまな問いを投げかけます。「キセイノセイキ」というタイトルに多様な読みとりが可能なように、異なる視点による複数の解釈が交錯する場を生み出します。
〇会期:3月5日(土)~5月29日(日)
〇会場:企画展示室 地下2F

MOTコレクション コレクション・オンゴーイング

東京都現代美術館の常設展示「MOTコレクション」では、約4,800点の収蔵品の中から、毎回約100点を選び、多角的な視点により戦後・現代美術をご紹介しています。今期の「コレクション・オンゴーイング」は、特にポップアートと紙作品に焦点をあて、新収蔵品とともに展示します。
ポップアートは、開館当初から現代美術の源泉として、積極的な収集活動が行われてきました。特にアンディ・ウォーホルやデイヴィッド・ホックニーの作品は、現代美術館のコレクションを代表するものと言えます。
今回はこれらを「アンコール」として構成します。また、収蔵品の大部分を占める紙を素材とした作品群は、保存上の理由からも、展示の機会が限られていました。今期は「紙の仕事」と題して、そうした作品の多彩な表情をお楽しみいただきます。
あわせて、「新収蔵品」として、辰野登恵子(1950-2014)と豊嶋康子(1967-)の特別展示をいたします。
〇会期:3月5日(土)~5月29日(日)
〇会場:常設展示室

ダン・ペルジョヴスキ
《ダイアログ》
1995年[参考図版]

辰野登恵子
《ばら色の前方 後方》2011年
撮影:岡野圭 ©辰野仁造

開催期間 2016年3月5日(土)~5月29日(日)
開催時間 10:00~18:00 ※入場は閉館の30分前まで
開催場所 東京都現代美術館(江東区三好4-1-1)
アクセス 都営大江戸線「清澄白河駅」A3出口徒歩13分
東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」B2出口(半蔵門線専用出口)徒歩9分
主催者 東京都現代美術館
料金 展覧会により異なります。詳細は公式ウェブサイトにてご確認ください。
※企画展チケットで、MOTコレクションもご覧いただけます。
お問い合わせ先 東京都現代美術館
電話 : 03-5245-4111(代表)
   03-5777-8600(ハローダイヤル)
関連URL http://www.mot-art-museum.jp(東京都現代美術館公式ウェブサイト)
地図