心行寺 しんぎょうじ

心行寺

江東区最古の五重の塔があるお寺

深川七福神のうちの一つ、人望福徳のご利益があるとされる福禄寿が境内の一角にある六角堂にまつられています。心行寺は、元和2年(1616)に八丁堀(中央区)に創立され、寛永10年(1633)にこの地に移りました。岩国藩(山口県)主で有名な錦帯橋を架橋した吉川広嘉の妻、養源院の開基です。境内には、江東区最古の五重の塔や、墓地に五世鶴屋南北、「赤蝦夷風説考」の著者工藤平助の墓などがあります。

住所 江東区深川2-16-7
TEL 03-3641-2566
アクセス 都営大江戸線・東京メトロ東西線「門前仲町駅」6番出口徒歩5分
URL http://www.shingyoji.or.jp/

このスポットが含まれる観光テーマ