天祖神社 てんそじんじゃ

天祖神社

400年以上の伝統を持つ流鏑馬式(こども歩射)が行われる神社

亀戸七福神のうちの一つ、人望福徳のご利益があるとされる福禄寿が境内の一角にあるお社にまつられています。天祖神社の創立年代は明らかではありませんが、推古天皇の時代に創建され、聖徳太子作のご神体がまつられていたといわれています。また、天正年間(1573~1592)に悪病が大流行したとき、織田信長がこの神社で流鏑馬の行事を行わせたところ、たちまち収まったと伝えられ、このことにちなむ祭事として、毎年9月16日に「流鏑馬(こども歩射)」が行われています。

住所 江東区亀戸3-38-35
TEL 03-3681-3042
アクセス JR総武線・東武亀戸線「亀戸駅」北口徒歩17分/京成線「押上駅」B1出口徒歩10分
URL http://www.tensojinja.com/

このスポットが含まれる観光テーマ