亀戸浅間神社 かめいどせんげんじんじゃ

亀戸浅間神社

関東一大きな「茅の輪」と、笄塚を利用したといわれる「富士塚」が有名

毎年6月下旬に境内にお目見えする、大きさが関東一といわれる「茅の輪」、オトタチバナヒメゆかりの「笄塚」、そしてその笄塚とされる塚を利用して築かれた「亀戸の富士塚」で有名な神社です。笄塚にはヤマトタケルノミコトの妻オトタチバナヒメが、荒れた海を鎮めるため海に身を投げた後、笄が流れ着いたという逸話があります。安政2年(1855)の大地震で社殿が倒壊しましたが、明治11年(1878)、富士山より溶岩を運んで富士塚を築き、その上に社殿を再建しました。

住所 江東区亀戸9-15-7
TEL 03-3682-1581
アクセス 都営新宿線「東大島駅」大島口徒歩10分/東武亀戸線「亀戸水神駅」より徒歩15分/JR総武線「亀戸駅」東口(JR総武線専用出口)徒歩20分
URL http://www.sengen.or.jp/

このスポットが含まれる観光テーマ