霊巖寺 れいがんじ

霊巖寺

江戸六地蔵の一つ「銅造地蔵菩薩坐像」があるお寺

霊巖寺は、徳川家康・秀忠・家光の信頼のあった雄誉霊巖が寛永元年(1624)、霊岸島(中央区)に創立し、明暦の大火による焼失後、万治元年(1658)に海浜の低湿地を住職珂山とその弟子により埋立てられ、現在の地に移転しました。境内には、国指定史跡「松平定信墓」や都指定有形文化財江戸六地蔵の一つ「銅造地蔵菩薩坐像」があります。

住所 江東区白河1-3-32
TEL 03-3641-1523
アクセス 都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」B2出口(半蔵門線専用出口)徒歩3分、A3出口徒歩3分

このスポットが含まれる観光テーマ