香取神社 かとりじんじゃ

香取神社

区内で最も古い歴史を持つスポーツ振興の神

亀戸七福神のうちの、愛敬富財のご利益があるとされる恵比寿神と有富蓄財のご利益があるとされる大国神が、それぞれ境内の一角にあるお社にまつられています。香取神社は、天智天皇の4年(665)に中臣鎌足が東国下向の際に勧請したと伝えられる区内で最も古い歴史を持つ神社です。また、平将門の乱のとき、俵藤太秀郷が当社に戦勝を祈り、祈願成就の後、弓矢を奉納したとされ、このことにちなむ祭事として、毎年5月5日に「勝矢祭」が毎年行われています。古来より武運長久の神として、現在ではスポーツの振興の神として多くの人々に親しまれています。

住所 江東区亀戸3-57-22
TEL 03-3684-2813
アクセス JR総武線・東武亀戸線「亀戸駅」北口徒歩10分
URL http://katorijinja.jp/

このスポットが含まれる観光テーマ