洲﨑神社 すさきじんじゃ

洲﨑神社

東京都指定文化財「波除碑」のある歴史ある神社

洲﨑神社は、江戸時代には、洲﨑弁天社と呼ばれていましたが、明治初年(1868)の神仏分離により、洲﨑神社と改めました。社伝によると、元禄13年(1700)に護持院隆光がここに弁天社を建て江戸城中の紅葉山から弁天像を安置したとされています。境内には、東京都指定文化財にもなっている津波警告の碑である「波除碑」や魚釣竿作りの名人「竿忠の碑」があります。

住所 江東区木場6-13-13
TEL 03-3644-1092
アクセス 東京メトロ東西線「木場駅」2番出口徒歩3分

このスポットが含まれる観光テーマ