石田波郷記念館 いしだはきょうきねんかん

石田波郷記念館

俳句文学の功労者の第二の故郷「江東区」

俳人石田波郷は、昭和21年(1946)から約12年間江東区の北砂に住み、当時の江東区の様子を「焦土諷詠」として多くの俳句に詠みました。また、波郷は戦後の俳壇を先導し、わが国の俳句文学に大きな功績を残しています。その功績と人間像を、江東区との関わりを紹介し顕彰するため、波郷自身が「第二の故郷」と呼んだこの地に記念館を開設しました。

住所 江東区北砂5-1-7(江東区砂町文化センター内)
TEL 03-3640-1751(江東区砂町文化センター)
アクセス 都営新宿線「西大島駅」A4出口徒歩17分
URL https://www.kcf.or.jp/sunamachi/josetsu/ishida/

このスポットが含まれる観光テーマ