東覺寺 とうかくじ

東覺寺

御府内八十八ヶ所霊場の73番目の札所

亀戸七福神のうちの一つ、芸道富有のご利益があるとされる弁財天が境内の一角にあるお堂にまつられています。東覺寺の創立は享禄4年(1531)で、開山は玄覚法印と伝えられる真言宗のお寺です。当時は、不動明王をご本尊に安置して、江戸時代には「亀戸不動」として有名でした。明治34年(1901)に深川本村町(現、猿江2)にあった覚王寺と合併し、大日如来をご本尊として今日に至っています。 東京にある弘法大師ゆかりの八十八ヶ所のお寺を巡る「御府内八十八ヶ所霊場」の73番目の札所です。

住所 江東区亀戸4-24-1
TEL 03-3681-8213
アクセス JR総武線・東武亀戸線「亀戸駅」北口徒歩9分

このスポットが含まれる観光テーマ