【終了】流鏑馬(こども歩射)

魅力百様、江東区。
オンライン観光写真コンテスト2015
江東区長賞
作品名『若武者』

流鏑馬(こども歩射)

天祖神社の流鏑馬は400年の歴史があります。天正年間(1573~1593)に疫病が大流行した折、織田信長が使者を参向させ、厄払いに神前に流鏑馬を献じて納めたことから始まりました。以来、地域の安泰と子どもの健やかな成長の願いをこめ、例祭の伝統行事として受け継がれています。

本来は馬上から射るが流鏑馬ですが、馬場の確保が難しいので、的の前に立って矢を放つ歩射で行います。5歳から10歳位までの子どもたちが、緑の直垂、黒烏帽子、中啓(扇)といった古式ゆかしい装束をまとい、 力いっぱい矢を放ちます。


開催期間 2016年9月17日(土)
開催時間 10:00より開始
開催場所 天祖神社(江東区亀戸3-38-35)
アクセス JR総武線・東武亀戸線「亀戸駅」 徒歩15分
主催者 天祖神社
お問い合わせ先 天祖神社03-3681-3042
関連URL http://tensojinja.com/(天祖神社ウェブサイト)
地図