【終了】深川怪談2017~お化けづくしの深川江戸資料館

この夏も、お化けづくしの「深川江戸資料館」へ!

深川江戸資料館は、江戸時代末の深川佐賀町の町並みを実物大のジオラマで再現しており、お店や長屋に実際に上がって生活用具などに触れられる「体験展示」が人気の施設です。

昨年に引き続き、今夏も「妖怪」と「怪談」をテーマにした3つの展覧会が、深川江戸資料館で開催されます。
江戸時代の妖怪をモチーフにした絵馬をずらりと展示する「妖怪絵馬展」、今年で最後の開催となる妖怪探しイベント「お化けの棲家」、そして新たに、深川の怪異・お化けに関する資料や現代作家の作品が同時に楽しめる「深川 お化け 今昔展」が加わりました。

江戸時代の深川を舞台に繰り広げられる、スリルとユーモアに満ちた妖怪の世界へ、足を踏み入れてみませんか。

妖怪絵馬展

現代の妖怪絵師とワークショップ参加者が描いた「古の妖怪絵馬」がおよそ100枚並びます!壁面にずらりと並んだ一大妖怪絵巻をお楽しみください。

期間

7月23日(日)~8月20日(日)※休館日:第2・4月曜日

時間

9:30~17:00(入館16:30まで)
※「妖怪絵馬展」ワークショップ参加については、下段公式ブログをご覧ください。

夜間特別開館「お化けの棲家FINAL」

江戸時代の深川を巡り、夜の闇に潜む妖怪を探す、大好評の体験型イベント。恒例のお楽しみクイズも実施します。正解者には抽選で素敵なプレゼントが!今年で最後となる「お化けの棲家」。まだ体験していない方はぜひ!

期間

8月18日(金)~8月20日(日)

時間

18:00~21:00(入館は20:30まで)※昼間は通常の常設展示です。お化けはいません。

深川 お化け 今昔展

深川怪談「お化けの棲家」関連企画。お化け・怪異などについて、江戸時代からの古い資料と現代作家の作品をあわせて展示する、資料館ならではの企画展示です。

期間

8月10日(木)~8月20日(日)※休館日:第2・4月曜日

時間

9:30~17:00(入館16:30まで)
※8月18日(金)~20日(日)は9:30~21:00(入館は20:30まで)

展示内容

田河水泡妖怪画コレクション/東雅夫所蔵コレクション/北葛飾狸狐「深川七不思議浮世絵風版画」/深川や「深川怪談」ゆかりの作家たちによる作品展示/その他、深川の怪異に関する資料など

関連企画
東雅夫編「文豪妖怪名作選」刊行記念トークイベント

日時

8月10日(木)19:00~

場所

深川江戸資料館2階 小劇場

出演

加門七海+北村紗希+東雅夫

入場料

800円

【妖怪】かいなで

【妖怪】骨女

【妖怪】しょうけら

開催期間 2017年7月23日(日)~8月20日(日) ※イベントにより異なります。
開催時間 9:30~17:00 (入館16:30まで)
「夜間特別開館『お化けの棲家』」18:00~21:00(入館20:30まで)
開催場所 深川江戸資料館(東京都江東区白河1-3-28 ☎03-3630-8625)
アクセス 東京メトロ半蔵門線/都営地下鉄大江戸線 清澄白河駅A3出口より徒歩3分
主催者 深川怪談実行委員会
料金 入場料:大人400円、小中学生50円
(夜間特別開館時のみ、チラシ持参で大人300円/小中学生30円)
お問い合わせ先 深川怪談実行委員会(担当:北葛飾狸狐(きたかつしか りこ))
電話:090-8455-2580
関連URL http://fukagawakaidan.tumblr.com/(深川怪談公式ブログ)
http://koto-kanko.jp/admin/event/upd.php?eid=349(深川お化け縁日詳細ページ(江東おでかけ情報局))
備考 休館日:第2・4月曜日
地図