【終了】開館時間延長!企画展「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」来場者15万人突破記念【日本科学未来館】

《アナと雪の女王》より 2013年 ©Disney Enterprises, Inc.

現在開催中の企画展「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」の来場者15万人突破を記念し、特別企画第一弾として”開館時間の延長”決定!

7月1日(土)から9月23日(土)までの金曜日、土曜日、祝前日(7月16日(日)、8月10日(木)、9月17日(日))、お盆期間(8月13日(日)~15日(火))に限り、通常10時から17時までの開館時間が21時まで延長されます。

昼間とは趣の異なる夜の未来館と、ディズニーの世界を同時にお楽しみください。
【2017年6月28日(水)更新】



ディズニー・アニメーションの貴重な原画やスケッチ、コンセプトアートなど約450点が日本にやってきます!

ミッキーマウスの誕生作となった『蒸気船ウィリー』(1928年)にはじまり、世界初の長編カラーアニメーション『白雪姫』(1937年)、『ダンボ』(1941年)など初期の作品から、『アナと雪の女王』(2013年)、『ズートピア』(2016年)、最新作の『モアナと伝説の海』(2017年3月公開予定)に至るまで、ディズニー・アニメーションの約1世紀にわたる貴重な原画やスケッチ、コンセプトアートなど約450点が日本にやってきます。歴史的にも価値の高い手描きの原画やスケッチが公開されることは非常に珍しく、今回展示される原画のほとんどが日本初公開です。
本企画展のコンセプトは、「いのちが吹き込まれた瞬間」。ディズニー・アニメーションは、想像力を駆使し、その時代の最新技術をとりいれることで、いのちを吹き込む技=魔法を生み出してきました。その数々の魔法を解き明かし、まさに「いのちが吹き込まれた瞬間」に迫ります。
ディズニー・アニメーションの想像力と技術革新の軌跡は、きっと子どもも大人も夢中に、そしてたゆまぬ創造性の追求やその未来に思いを馳せるきっかけとなるでしょう。

ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法

会期

2017年4月8日(土)~9月24日(日)

時間

10:00~17:00(入場券の購入および会場への入場は閉館30分前まで)

会場

日本科学未来館1階 企画展示ゾーン(江東区青海2-3-6)

入場料[当日券]

大人(19歳以上)    1,800円
中人(小学生~18歳以下)1,200円[土曜日1,100円]
小人(3歳~小学生未満)  600円

常設展もご覧いただけます。
2 歳以下は無料。
ドームシアターは別料金。
障がい者手帳所持者は本人および付き添いの方お一人まで無料。
会場の混雑状況により入場整理券の配布、または入場を規制する場合がございます。

《蒸気船ウィリー》より 1928年 ©Disney Enterprises, Inc.

《ミッキーのハワイ旅行》 より 1937年 ©Disney Enterprises, Inc.

《モアナと伝説の海》より 2016年 ©Disney Enterprises, Inc.

開催期間 開催中~2017年9月24日(日)
開催時間 10:00~17:00(入場券の購入および会場への入場は閉館30分前まで)
ただし、会期中の金曜日、土曜日、祝前日(7月16日(日)、8月10日(木)、9月17日(日))、お盆期間(8月13日(日)~15日(火))は21:00まで開館。
※開館延長時の会場への最終入場は20:00 まで。
※常設展は開館延長時も17:00 までとなります。なお、開館延長時にご入場いただいたお客様は、2017年9月24日(日)まで、入場済みの企画展チケットを3階総合案内にご持参いただければ、常設展をご覧いただけます。
開催場所 日本科学未来館1階 企画展示ゾーン(江東区青海2-3-6)
アクセス ゆりかもめ「テレコムセンター駅」徒歩4分、「船の科学館駅」徒歩5分
りんかい線「東京テレポート駅」B出口徒歩15分
主催者 日本科学未来館、日本テレビ放送網、読売新聞社、WOWOW
料金 大人(19歳以上)1,800円/中人(小学生~18歳以下)1,200円[土曜日1,100円]/小人(3歳~小学生未満)600円
*常設展もご覧いただけます。*2歳以下は無料。
*障がい者手帳所持者は本人および付き添いの方お一人まで無料。
*ドームシアターは別料金。
お問い合わせ先 日本科学未来館
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)
関連URL http://da2017.jp/(日本科学未来館公式ウェブサイト)
備考 【休館日】火曜日
(ただし、5月2日、7月25日、8月1日、8日、15日、22日、29日は開館)
地図