汐浜運河沿いの「潮風の散歩道」のハクモクレンが咲き始めました!

汐浜運河沿いの「潮風の散歩道」のハクモクレンが咲き始めました。 

(2017年3月7日撮影)

江東区内を東西に流れる汐浜運河沿いの「潮風の散歩道」(東陽1-1地先~新砂1-3地先)北側では、ハクモクレンが咲き始め、散歩やジョギングをする人たちの目を楽しませています。

このハクモクレンは、区が汐浜運河の北側護岸に「潮風の散歩道」を造成した際、潮風にも耐える季節花として1988~1992年に植樹しました。現在では、南側護岸にも植えられています。

撮影したこの日は、曇り空の合間の青空に、立ち止まって花を見上げたり、カメラで撮影するなどしている方も多くいらっしゃいました。

ハクモクレンは、この後南側護岸も咲き始め、3月下旬まで楽しむことができます。ぜひ、おでかけください。

汐浜運河「潮風の散歩道」(南開橋∼新砂橋)(東陽1・2、塩浜2)
【アクセス】東京メトロ東西線「東陽町駅」 2番出口 徒歩5分