【終了】「どうする!?エネルギー大転換」展【日本科学未来館】

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年2月28日(金)から3月17日(火)まで臨時休館となっておりましたが、当面の間、休館期間が延長となります。再開時期などの詳細は、公式ウェブサイトをご確認ください。

2020年1月17日(金)より「どうする!?エネルギー大転換」展開催。

2017年にドイツ博物館(ミュンヘン)で開催され、約68万人が来場した企画展「energie.wenden(エナギー・ヴェンデン)」(邦訳:エネルギー転換)のドイツ国外初の巡回展になります。

本展では、日本や世界のエネルギー事情を紹介した展示パネルなどを参考に、エネルギーにまつわる10のテーマについて、来場者一人ひとりが国会議員になったつもりで「エネルギー政策」を考え、選択していきます。
自分の選択と他者の選択とを比較することで、社会にはさまざまな価値観が存在することを実感するとともに、エネルギー転換を進めるには多様な価値観の人々と社会が進むべき方向について話し合うことが重要だと気づくことになるでしょう。
開催期間 2020年1月17日(金)~3月29日(日)※現在臨時休館中
開催時間 10:00~17:00(体験受付は16:30まで)
開催場所 日本科学未来館 1階 コミュニケーションロビー(江東区青海2-3-6)
アクセス ゆりかもめ「テレコムセンター駅」徒歩4分
りんかい線「東京テレポート駅」徒歩15分
主催者 日本科学未来館、ドイツ博物館
料金 入場料無料
※常設展は別途入館料が必要です。
お問い合わせ先 日本科学未来館
電話:03-3570-9151
関連URL https://www.miraikan.jst.go.jp/(日本科学未来館公式ウェブサイト)
備考 【休館日】火曜日(ただし、2/11、3/24は開館)

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年2月28日(金)から3月17日(火)まで臨時休館となっておりましたが、当面の間、休館期間が延長となります。再開時期などの詳細は、公式ウェブサイトをご確認ください。
地図