マギーズセンターの建築と庭
ー本来の自分を取り戻す居場所ー

マギーズウエストロンドン
建築設計:Rogers Stirk Harbour+Partners
庭園設計:Dan Pearson
cナカサアンドパートナーズ 藤井浩司

当面の間休館いたします。
今後の予定については、ギャラリーエークワッドのホームページでご確認ください。


マギーの理念を通して、建築空間と庭の関係性を考える展覧会。

英国のマギーズキャンサーケアリングセンター(マギーズセンター)は、1995年にがんで亡くなった造園家のマギー・K・ジェンクスの願いから生まれた、がん患者とその家族、友人のための無料相談支援の場です。
がん専門看護師や心理士、栄養士らが常駐して、医療知識のある友人のように訪問者をサポート。自らが抱える不安をゆっくり話すうちに、本来の自分の力を取り戻し、生きる喜びを見つけることができる「第二の我が家」のような居心地の良い場所になっています。

多くの有名建築家が参加するマギーズの建築物は良く知られていますが、庭もマギーズセンターのコンセプトを担うとても重要な役割を果たしています。
本展では、外界に左右されない「安心できる庭」の必要性を強調した、マギーの理念を通して、建築空間と庭の関係性を考えます。建築空間が、がんに影響を受けた人の心にどのような効果をもたらすことができるのか、建築デザインの可能性を探ります。

マギーズセンターの建築と庭 -本来の自分を取り戻す居場所-

会期

2020年4月1日(水)~5月28日(木)※今後の状況によって開催日は変更になる可能性があります。

会場

Gallery A⁴【ギャラリー エー クワッド】(江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1階)

時間

10:00~18:00(最終日17:00まで)

休館日

日曜・祝日

入館料

無料

展示概要

・建築と庭の写真を中心に各地のマギーズセンターを紹介。マギーズウエストロンドン(リチャード・ロジャース設計)の建物の一部と、玄関に続く特徴ある曲がりくねった庭(ダン・ピアソン設計)の一部を再現。また、マギーズセンターの象徴である大きなキッチンテーブルを再現する。
・ダン・ピアソン設計のマギーズウエストロンドンの庭の映像、各地のマギーズの建築と庭のスライドショー、マギーズ東京の様子を伝える動画などを上映。
・自然と建築が一体となった空間で、マギーズ東京の医療スタッフによるマギーズの紹介(土曜午後)や、ボランティアスタッフによるミニセミナー(平日不定期)を開催。

【延期予定】トークショー 「庭と建築の心理的意味 マギーズ東京の庭の活動から」

〇日時:2020年4月8日(水)18:00~20:00
〇会場:竹中工務店東京本店2階Aホール
〇講師:
阿部 勤氏(建築家)
栗原 幸江氏(マギーズ東京心理士)
深町 貴子氏(ガーデンデザイナー)
正木 覚氏(ガーデンデザイナー)
〇参加費:無料
〇定員:100名 要事前申込(先着順)
〇申込:公式サイトの申込フォームよりお申込ください。

【延期予定】映画上映+トークショー「ガーデンデザイナーの庭造りからランドスケープまで」

〇日時:2020年4月13日(月)18:00~20:30
〇会場:竹中工務店東京本店2階Aホール
〇上映:「FIVE SEASONS ザ・ガーデンズ・オブ・ピィト・アゥドルフ」(日本語字幕版)
〇講師:
平工 詠子氏(ガーデンデザイナー)
吉谷 桂子氏(ガーデンデザイナー)
〇参加費:2,000円
〇定員:100名 要事前申込(先着順)
〇申込:公式サイトの申込フォームよりお申込ください。

マギーズ東京テーブルトーク(マギーズの紹介)

〇日時:会期中の毎週土曜日(第4土曜を除く)13:00~17:00
〇会場:ギャラリー エー クワッド内
〇講師:マギーズ東京の医療スタッフ

マギーズ東京テーブルセミナー(ミニセミナー)

〇日時:会期中の平日(不定期開催)
※詳細は公式サイトにてご確認ください。
開催期間 2020年4月1日(水)~5月28日(木)※現在臨時休館
開催時間 10:00~18:00(最終日17:00まで)
開催場所 Gallery A⁴【ギャラリー エー クワッド】
(江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1階)
アクセス 東京メトロ東西線「東陽町駅」3番出口徒歩3分
料金 入場無料
お問い合わせ先 ギャラリー エー クワッド
電話:03-6660-6011
関連URL http://www.a-quad.jp/(Gallery A⁴公式ウェブサイト)
備考 【休館日】日曜・祝日
地図