イベント

特別企画「震災と未来」展 ー東日本大震災10年ー
【日本科学未来館】

#博覧会 #臨海部エリア

あの日、そして明日へ

2011年3月11日の東日本大震災から10年。多くの尊い命が失われ、地域社会にも大きな傷跡を残しました。国内各地ではその後も大きな自然災害が頻発しています。さらには首都直下地震などの発生も懸念される中、コロナ禍によりそれらの対策はいっそう難しくなっています。日本で暮らす私たちは、常に災害に直面する”リスク”と”課題”を抱えています。

本展では、震災を忘れず教訓を未来へ伝えるために、「震災の記憶」、「その後の人々が生んだ絆」、「未来への課題」の3つをテーマに掲げています。NHKがこれまで記録・蓄積してきた映像や資料をさまざまなプレゼンテーションで振り返るほか、震災・復興にまつわるストーリーをもった品々の展示を通じて復興への取り組みと課題、また今後の災害に対する備えを紹介します。

特別企画「震災と未来」展 ー東日本大震災10年ー

会期

2021年3月6日(土)~28日(日)

会場

日本科学未来館(江東区青海2-3-6)

入場料

無料 ※事前予約制(公式サイトより入場予約)

展示の見どころ

本展は、3つの展示ゾーンを通じて、過去の「記録」を見つめなおし、その記録を「記憶」として捉え直します。そのうえで、”私たちの明日に”必要な防災・減災を「自分ごと」として考える構成となっています。

ZONE1:~東日本大震災をNHKアーカイブスで振り返る~
発災後72時間のニュースのダイジェスト映像やプロジェクションによる災害の体感、原発事故の記録や避難所の再現展示などから震災発生当時の状況を追体験します。

ZONE2:~あの日 そして明日へ…復興10年のあゆみ~
あの日から東北の10年におよぶ復興のあゆみを、NHKのニュース映像とともに、国内外からさまざまなサポートや復興にまつわるストーリーをもった品々を集めて展示します。

ZONE3:~あなたと未来を考える~
東日本大震災の教訓を生かし、毎年のように国内各地で頻発する自然災害やそれに伴う複合災害に備え、わたしたちの未来を考えます。
開催期間 2021年3月6日(土)~3月28日(日)
開催時間 10:00~17:00(入場は閉館時間の30分前まで)
開催場所 日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン(江東区青海2-3-6)
アクセス ゆりかもめ「テレコムセンター駅」徒歩4分
りんかい線「東京テレポート駅」徒歩15分
主催者 【主催】NHK、日本科学未来館
料金 無料
お申込方法 事前予約制 ※公式サイトよりご予約ください。
お問い合わせ先 ハローダイヤル
電話:03-5777-8600(全日8:00~22:00)
関連URL https://www.nhk.or.jp/event/art2020/(展覧会公式サイト(NHK))
関連URL2 https://www.miraikan.jst.go.jp/exhibitions/spexhibition/disaster10.html(日本科学未来館ウェブサイト)
地図