イベント

Mirai can FES-ミライキャンフェス-
~あなたと未来をつくる3日間~【日本科学未来館】

#博覧会 #臨海部エリア

日本科学未来館では、開館記念日の7月9日を含む、7月8日~10日までの3日間、”未来の可能性に触れて、感じて、体験する”初の全館イベントが開催されます。

「Mirai can __!(ミライキャン)=”未来は、かなえるものへ。”」を共通テーマに、15の限定プログラムを実施。初日には、今年4月にリニューアルした球体ディスプレイ「ジオ・コスモス」の新コンテンツの上映も開始します。

この3日間は常設展を無料開放するほか、特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」も割引料金でご覧いただけます。

この機会にぜひ、”未来の可能性に触れて、感じて、体験”してみませんか。

Mirai can FES-ミライキャンフェス-
~あなたと未来をつくる3日間~

日時

7月8日(金)~10日(日)10:00~17:00(入場は閉館時間の30分前まで)

場所

日本科学未来館 1~7階の各「Mirai can FES」会場

注目のプログラム

シンボル展示「ジオ・コスモス」新コンテンツ公開
「デジタルで描かれるもうひとつの地球」をコンセプトに新たにスタートするジオ・コスモス。今回の作品では、精緻な科学・統計データにより、自然や人間、また民族や言語などの人間が生み出した、文化の多様性を感じられます。

さまざまなスケールでワクワクする未来に出会える「未来」ゾーン
誰もが未来を自分のこととして考えるための入り口として、「Life(ライフ)」「Society(ソサイエティ)」「Earth(アース)」「Frontier(フロンティア)」の4つのテーマを中心に、多彩なプログラムを展開していきます。

未来の体験が盛りだくさんの「つくる」ゾーン
未来館には、 複数の研究プロジェクトが常駐する研究現場があります。 アクセシビリティ技術の研究開発を外部の研究機関と共同で進めるコンソーシアム「未来館アクセシビリティラボ」と、個性豊かな研究者たちが研究をおこなう「研究エリア」です。未来館をフィールドに行われているこれら12の「未来をつくる」研究を、展示や体験イベントを通して紹介します。

※各イベントの詳細は、公式サイトをご確認ください。
開催期間 2022年7月8日(金)~7月10日(日)
開催時間 10:00~17:00(入場は閉館時間の30分前まで)
開催場所 日本科学未来館(江東区青海2-3-6)
アクセス ゆりかもめ「テレコムセンター駅」徒歩4分
りんかい線「東京テレポート駅」徒歩15分
料金 無料
※会期中、特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」は特別料金。
・大人:2,100円(団体1,900円)→1,800円
・小学生~18歳以下:1,400(団体1,200円)→1,100円
・3歳~小学生未満:900円→600円
※ドームシアターは別料金。
お問い合わせ先 日本科学未来館(代表)
電話:03-3570-9151
関連URL https://www.miraikan.jst.go.jp/events/202206182509.html(日本科学未来館公式サイト「イベントページ」)
地図