【終了】旧渋沢栄一邸紹介パネル展示

旧渋沢栄一邸の紹介パネルを展示中
 渋沢栄一(1840~1931)は、幕臣・官界から実業界へ転じ、生涯に五百余の会社設立に関与し、明治から大正にかけて実業界の指導者として活躍しました。また、本年4月には新1万円札の肖像に選ばれました。
 渋沢栄一と江東区とのかかわりは深く、深川福住町(現・永代2-37)に屋敷を構え、深川区会議員および区会議長も勤めました。深川にあった渋沢栄一邸は、都内での移転を経て、平成3年に青森県上北郡六戸町へ移転しました。
 このたび潮見へ移築される旧渋沢栄一邸が区役所庁舎にて紹介されています。ぜひご覧ください。
開催期間 2019年7月4日(木)~7月9日(火)(土日を除く)
開催時間 8時30分から17時00分まで
開催場所 江東区役所本庁舎2階エレベーター(サレーコーナー)前
(江東区東陽4-11-28)
アクセス 東京メトロ東西線「東陽町駅」A1出口 徒歩5分
主催者 江東区地域振興部文化観光課文化財係
お問い合わせ先 江東区地域振興部文化観光課文化財係
03-3647-9819
地図