【終了】橋と川が織りなす江東の歴史
「深川最初の木場・元木場の橋と堀」

江東が「江戸の蔵の町」へと成長した秘密を探る!

隅田川の東岸、清澄・佐賀・永代付近に、江戸時代初めの寛永18年(1641)材木置場が日本橋・神田方面から移転してきました。深川が「江戸の蔵の町」として成長するはじまりでした。
それから60年後、材木置場は東の入り江を埋め立てて移転し深川木場ができました(今の木場公園周辺)。その時、元の材木置き場(元木場)の中にあった堀はどうなったのでしょうか。その痕跡を尋ねながら江東の歴史をつむいでみましょう。

橋と川が織りなす江東の歴史「深川最初の木場・元木場の橋と堀」 

開催日

2020年6月20日(土)

集合時間

10:00

集合場所

都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」A3出口階段下付近

コース

海辺橋~仙台堀~清澄橋・亀堀公園~大島川西支川~中之堀・中之橋跡~佐賀稲荷~油堀・下之橋跡~深川正米市場跡~永代橋~渋沢栄一邸跡~白木屋蔵跡~深川公園~富岡八幡宮(解散)

講師

郷土史研究者 久染健夫

参加費

500円

定員

20名 中学生以上

開催期間 2020年6月20日(土)
開催時間 (集合時間)10:00
開催場所 (集合場所) 都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」A3出口階段下付近
主催者 特定非営利活動法人本所深川
募集人数 20名
お申込対象 中学生以上
料金 500円
お申込方法 ①お名前、②住所、③電話番号、④年齢の4点を(保険加入手続きに使用)ご記入の上、NPO法人本所深川事務局へメール(info@honfuka.org)または、ファックス(03-6458-6014)でお申込みください。
*申込み締切 6月16日(火)
*満員になり次第、受付終了とさせていただきます。
お問い合わせ先 NPO法人本所深川:03-6458-6014
関連URL https://www.honfuka.org/(NPO法人本所深川のウェブサイト)
添付資料 チラシ (1.71 MB)
地図