第22回亀戸天神 梅まつり

春の訪れを告げる梅の花、境内が日に日に甘い香りで包み込まれます。
今年で22回目を迎える亀戸の天神さまの梅まつり。
菅原道真公をお祀りする亀戸天神社は『花の天神様』として江戸時代より多くの庶民に親しまれてまいりました。

菅公は、特に梅の花を好まれ、多くの和歌を詠まれています。
本殿の前には道真公が幼き5歳の時に詠まれた歌「美しや 紅の色なる梅の花 あこが顔にもつけたくぞある」の歌碑と、かわいらしい童子の頃の像があります。

境内には300本を超す紅白の梅が植えられており、早咲きから遅咲きまで、ながきにわたり楽しむことができます。
 一本の樹に紅梅と白梅の花が咲く「五賢の梅」は必見です。

亀戸天神 梅まつり

2019年2月9日(土)~3月10日(日)
亀戸天神社 (江東区亀戸3-6-1)

イベントのご案内

2019年2月24日(日) 10:00~14:00
境内にて亀戸銘品市・甘酒・お茶会を開催します。
主催:江東区亀戸観光協会

開催期間 2019年2月9日(土)~3月10日(日)
開催場所 亀戸天神社 (江東区亀戸3-6-1)
主催者 江東区亀戸観光協会
お問い合わせ先 亀戸天神社 電話:03-3681-0010
江東区亀戸観光協会 電話:03-3685-0284(月・水・金のみ)
関連URL http://kameidotenjin.or.jp/(亀戸天神社のウェブサイト)
地図