イベント

GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?【東京都現代美術館】

#博覧会 #深川北エリア

GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?【東京都現代美術館】
横尾忠則《T+Y自画像》2018年 個人蔵
Tadanori Yokoo, T+Y Self-portrait, 2018 Private Collection
1960年代からつねに第一線で活躍し、日本を、そして世界を魅了し続けてきた、アート界のレジェンド、横尾忠則。その横尾の、60年以上にわたる創造の全貌を目の当たりにすることができる集大成の展覧会が実現します。

愛知県美術館で開催され、過去最大規模の横尾展として話題を呼んだ「GENKYO 横尾忠則」展が、東京ではさらにスケールアップ。横尾自身の総監修により、構成を根本的に見直すとともに、去年から今年にかけて描かれた新作を含めて、200点以上の作品が新たに加わり、500点以上の作品が出品されます。

横尾はすべての人間の魂のふるさと「原郷」から汲み上げた、豊かで奔放なイメージの世界「幻境」を、数多の独創的な絵画に描き出してきました。横尾芸術のダイナミックな展開を、心うちふるえるまでに体感することができる、まさに画期的な展覧会となるでしょう。

GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?

会期

2021年7月17日(土)~10月17日(日)

会場

企画展示室 1F/3F

観覧料

一般 2,000円/大学生・専門学校生・65歳以上 1,300円/中高生 800円/小学生以下 無料

※開催内容は、都合により変更になる場合がございます。予めご了承ください。
開催期間 2021年7月17日(土)~10月17日(日)
開催時間 10:00~18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
開催場所 東京都現代美術館(江東区三好4-1-1)
アクセス 都営大江戸線「清澄白河駅」A3出口徒歩13分
東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」B2出口(半蔵門線専用出口)徒歩9分
お問い合わせ先 東京都現代美術館
電話:050-5541-8600(ハローダイヤル)
関連URL https://genkyo-tadanoriyokoo.exhibit.jp/(展覧会特設サイト)
関連URL2 https://www.mot-art-museum.jp(東京都現代美術館ウェブサイト)
備考 【休館日】月曜日(8月9日、9月20日は開館)、8月10日、9月21日
地図