【終了】民俗芸能大会

江東区民まつり中央まつりの2日目にあたる10月20日(日)に、同まつりの会場である都立木場公園において、木場の角乗・深川の力持・砂村囃子などの伝統芸能が披露されます。
普段は見ることのできない伝統の技。ぜひ、ご来場のうえご覧ください!!

民俗芸能大会
後援:東京都教育委員会

開催日

2019年10月20日(日)

会場・時間・演目

◆入口広場会場◆
10:45 迎え囃子

11:00~12:30

木場の角乗
水辺に浮かべた材木を筏に組む仕事の余技に、数々の技術が加わって発達したものです。
https://koto-kanko.jp/guide/about_kakunori/

◆ふれあい広場会場◆

12:45 迎え囃子

13:00~13:40

木場の木遣
木場の筏師(川並)が材木を操る時の労働歌で、掛け声のように即興の詩をつけて歌ったものです。
https://koto-kanko.jp/guide/about_kiyari/
木場の木遣念仏
永代講の人たちが、仲間に不幸があったときに大数珠を操って唱えた百万遍念仏です。
https://koto-kanko.jp/guide/about_kiyari/

13:45~14:40

砂村囃子・獅子舞
砂村囃子は、神官が農民に囃子を教え、それが広まったものと伝えられています。江戸近辺の祭囃子のひとつです。
https://koto-kanko.jp/guide/about_sunamura/
富岡八幡の手古舞
男髷に肩抜き染めの上着とわらじばきという男装をして、木遣で練り歩きます。
https://koto-kanko.jp/guide/about_tomioka/

14:50

深川の力持
米俵や酒樽などの運搬から発生した余技で、数々の力自慢が加わり、芸能として発達したものです。
https://koto-kanko.jp/guide/about_fukagawa/

15:20 てじめ

※雨天の場合は、演技を中止する場合があります。
※会場図等の詳細については、下段URL(第37回江東区民まつり中央まつりのウェブサイト)にてご確認ください。
開催期間 2019年10月20日(日)
開催場所 都立木場公園入口広場(角乗池)、ふれあい広場(木場4-1)
アクセス 東京メトロ東西線「木場駅」 3番出口 徒歩5分
お問い合わせ先 江東区文化観光課文化財係 03-3647-9819
関連URL http://www.koto-kuminmaturi.jp/(第37回江東区民まつり中央まつりのウェブサイト)
地図